ZEH対応 次世代型床下冷暖房 オンレイECO床暖システム

ZEH対応 次世代型床下冷暖房 オンレイ

Healthful & Natural 健康的な冷暖房生活

ほぼ無風でナチュラルな空調

暖気で肌が過度に乾燥したり喉が痛くなる冬…
冷気が肌にあたり冷えてしまう夏…
ECO床暖は風が直接肌にあたらない、過度な乾燥もしない、健康的な空気が身体を包み込む
「住む人にやさしい」冷暖房です。

冷暖気が直接肌にあたりません

ECO床暖は、室内の空気を燃焼や送風で冷暖しないため、肌に風が直接あたる不快感はありません。
臭いやホコリがでることも、肌が乾燥したりのどを痛める心配もありません。
床面に設置する吹き出し口(ガラリ)から送風が行われますが、これは換気及び自然な空気対流を目的とした微風で、ガラリ付近以外で風を感じることはありません。

従来型の空調とECO床暖の違い

エアコンなどの送風式空調

ECO床暖の輻射式空調

乾燥しない仕組み

冬季は空気中の湿度が低いため乾燥します。
更に、住空間ではエアコンなどで室温を上げることで湿度が更に下がってしまい、より空気が乾燥します。
ECO床暖は低めの設定温度で充分体感温度をあげることができるので、過度に湿度が下がりません。

設定温度と体感温度の違い

実は知られていない、設定温度と室温や体感温度の違いについて
エアコンの設定を20℃にしたら室温も20℃になると思っていませんか?

環境省が推奨する室温は、夏は28度、冬は20度程度とされています。
その室温にするために、エアコンの設定温度を何度にしていますか?

設定温度とは、エアコンの吹き出し口付近の温度センサーで測る温度です。
当然ながら吹き出し口近くと居住空間には距離があるため、設定温度と室温は異なってきます。特に窓付近やエアコンの風が届かないエリアは設定温度との差は大きくなります。
そのために設定温度を冬は高め、夏は低めにしがちですが、
冬の設定温度を高くすると、温度と反比例の関係にある相対湿度は低くなり部屋が乾燥していきます。
夏の設定温度を低くすると、エアコン付近にいる人には温度の低い冷気が直接あたり、肌寒く感じます。
適切な冷暖房のおはなし